治療計画を立てよう

SADになりたてで、どうしたら克服できるのかを考えると、結局何をどうしたら
いいのかわからなくなります。

初めて経験するのですから、ある意味当然と言えるでしょう。

しかし、病気と向き合うことを覚え、独学や、医師との面接を繰り返して
いくうちに、「ああ、こうやって治療していくんだな」ということがわかって
いくと思います。

そこで、自分でできることの一つとして、治療計画を自分なりに立てて
みましょう。

ある程度の精神医療受診経験や独学から、自分に対して質問を作っていきます。

以下に幾つか例を挙げますので、参考にしてみてください。

  • 何故あなたはSAD治療が必要だと思うのか?
  • 治療に集中するために、どのように時間調整をしていくのか?
  • 治療に集中するために、生活のどの部分を削るのか?
  • 治療より優先的にすべきことがあれば、それは何か?
  • 治療を受けることで自分にもたらされるメリットとは?

このような感じです。

自分の中で、SADについて、客観的な考えを持たせて現実的に克服して
いくことができるようになります。

ほかにも自分に問いかける価値があるものは、その方に応じて沢山あると
思います。

または、あなたの主治医が問いかけてくることもあると思います。

そういったことを一つ一つ箇条書きにして、Q&A形式で答えるように
しておくと、自分の中で、一番現実的な目標を作ることが可能
になります。

不安障害・恐怖症の改善マニュアル

恐怖症改善マニュアル

数々のカウンセリング経験を基に本を出版している心理カウンセラー・新田義治による 「恐怖症改善マニュアル」は、今までに5,922人もの方がその悩みを解決してきた実績のある マニュアルです。

薬を使わない精神科医として著名な宮島賢也先生も推薦しています。

あなたを強力にサポートする電話カウンセリング、対面カウンセリングなどの特典もあり、 完全返金保証もあるので、安心して利用できます。

興味のある方だけ、以下のリンクから詳細を確認してください。
恐怖症改善マニュアル

このページの先頭へ