自立支援法

自立支援法は、国で定められた、障害者や精神医療受給者を救済する
システム
のことです。

精神科にかかるということは、年単位の通院を余儀なくされることであり、
通常の3割の保険では結果的に高額医療を受けていることと変わらなくなります。

その際、自律支援法適用を申請しておくと、医療費が原則1割で済むように
なります(一部0割負担)。

例えば、精神科外来が毎週1,500円くらいだとすると、その1/3の500円程度が
毎回かかる医療費です。

勿論これにお薬代が加算されますが、そのお薬も1割負担になります。

1年、もしくは2年ごとに申請しなおすのですが、一度申請が受理されると、
通院に対する精神的負担が減るので、医療機関で相談してみるといいでしょう。

自立支援法の申請は、各自治体で行います。

必要最低限の持ち物は、保険証、印鑑(シャチハタ不可)、主治医の診断書の
3つですが、自治体ごとに違う可能性もあるので、問い合わせてから申請して
ください。

自立支援法の適用は、申請したその日からです。

各自治体担当者の方から、申請書の控えを受け取り、かかりつけの医療機関に
提出してください。

但し、自立支援法の適用できる医療機関は、病院1箇所、処方箋薬局1箇所なので、
内科や外科で自立支援法受給者証を提示することはできません。

処方箋薬局も、決まったところ以外を利用すると、3割の医療費を払うことに
なるので、そこだけは注意してください。

不安障害・恐怖症の改善マニュアル

恐怖症改善マニュアル

数々のカウンセリング経験を基に本を出版している心理カウンセラー・新田義治による 「恐怖症改善マニュアル」は、今までに5,922人もの方がその悩みを解決してきた実績のある マニュアルです。

薬を使わない精神科医として著名な宮島賢也先生も推薦しています。

あなたを強力にサポートする電話カウンセリング、対面カウンセリングなどの特典もあり、 完全返金保証もあるので、安心して利用できます。

興味のある方だけ、以下のリンクから詳細を確認してください。
恐怖症改善マニュアル

このページの先頭へ