初めての精神科外来

自分にSADの疑いがあるとしたら、真っ先に医療機関で確かめるべきなのですが、
初診外来では幾つか注意しなければならないことがあるので、ここでご紹介します。

精神科外来は、初診でも基本的に予約をしなければ受診できないところが
大変多いです。

これは、一人一人にかける時間を考慮するからです。

精神科外来は、ほかの科と違い、対話することが殆どなので、対話のために、
初診だと最低30分は必要
になります。

最初の面接をカウンセラーがやり、お薬の処方などの相談は精神科医がやる、
という分業されたやり方が最も一般的な気がします。

そうすると、面接で最低30分、プラス、精神科医の受診なので、最初は1時間
くらい見ておいたほうが良いでしょう。

そして、予約を取る際には、恐らく予約時間より早めに来るように言われます。

これは、問診表を書くためです。
問診表提出の時に、自分に関する資料も添えられると尚いいですね。

近年、精神疾患で苦しむ人が増加傾向にあります。
そのために予約は最優先されるのですが、人気の高い病院だと、予約を取れるのが
1ヶ月以上先、ということもあります。

自分が「この医療機関だ」と決めても、予約日まで待ちきれないことも出てくる
はずです。

そのために、自分が受診する医療機関の候補を複数設けておくといいと思います。

不安障害・恐怖症の改善マニュアル

恐怖症改善マニュアル

数々のカウンセリング経験を基に本を出版している心理カウンセラー・新田義治による 「恐怖症改善マニュアル」は、今までに5,922人もの方がその悩みを解決してきた実績のある マニュアルです。

薬を使わない精神科医として著名な宮島賢也先生も推薦しています。

あなたを強力にサポートする電話カウンセリング、対面カウンセリングなどの特典もあり、 完全返金保証もあるので、安心して利用できます。

興味のある方だけ、以下のリンクから詳細を確認してください。
恐怖症改善マニュアル

このページの先頭へ