自身の個性による原因

SADにかかりやすいのは、一般的には、生真面目で実直で律儀な人だと
言われています。

それでは、その患者がどうしてそのような個性を持つようになったのか。
それを知るには、生い立ちから遡るしかないのかも知れません。

よく○人姉妹の真ん中は、大ざっぱで、一番上と末っ子はきちんとしている、
などと、同じ家庭環境に育ちながら、評価が分かれる兄弟姉妹がいます。

これは、日本独特の「序列社会」から派生する個性の形成のされかただと
思われ、生まれながらに定められた運命といっても過言ではないでしょう。

家族構成も勿論のこと、家庭環境の善し悪しもまた、個性を構築する
大きな材料となります。

我慢を強いられて育ってきた人は、忍耐強い反面、何事も口に出さず、
却ってストレスを抱え込むこともあるでしょう。

逆に、あまりに関心を持たれずに生きてくれば、周りに対する信頼が
乏しくなってしまいます。

負の連鎖で、精神疾患を生んでいく可能性が大きくなります。

そう考えると、自分がSADにかかっても、「仕方ない」と思うこともあるかも
しれません。

しかし、真面目でも、律儀でも、きちんと自分の性格と向き合って、前向きに
生活している人は大勢います。

個性の問題でSADになってしまったのなら、逆に言えば、いくらでも改善して
いける
とも言えるのです。

不安障害・恐怖症の改善マニュアル

恐怖症改善マニュアル

数々のカウンセリング経験を基に本を出版している心理カウンセラー・新田義治による 「恐怖症改善マニュアル」は、今までに5,922人もの方がその悩みを解決してきた実績のある マニュアルです。

薬を使わない精神科医として著名な宮島賢也先生も推薦しています。

あなたを強力にサポートする電話カウンセリング、対面カウンセリングなどの特典もあり、 完全返金保証もあるので、安心して利用できます。

興味のある方だけ、以下のリンクから詳細を確認してください。
恐怖症改善マニュアル

このページの先頭へ