思春期と引きこもり

ある医者は、「SADは思春期特有の病の一つである」と明言していますが、
思春期の難しい時期に、精神的にコントロールできない何かが起これば、
理性的に解決できないというのは当然のことでしょう。

SADの受け止め方が、大人より深刻化してしまう可能性はあります。

そして、引きこもりがSADと関係していることは、よくあることだと思います。

学校でSADを発症させ、授業で指される度に赤面して呼吸が苦しくなる、
テストでじっと座っているだけで緊張してテストにならない、ということが
続けば、学校がイヤになり、不登校の原因にもなります。

大人の社会でも、おおまかに言えば、外で発症したから外出が怖い、という
ことはありえます。

引きこもりになると、性格が内向的になります。

内向的になると、人とのコミュニケーションが難しくなり、そうなると今度は
悩みを自分一人で抱え、ストレスも感じやすくなります。

SADをきっかけとした引きこもりで、心身共に弱くなっていくのです。
そういった因果関係があることが、SADの怖いところでしょう。

引きこもりになる原因は、ほかにも沢山あるので、一概にSAD患者への対処法を
押し付けられないのですが、外の世界で誰かが必ず待っているのだ、という
希望を持たせてあげることが先ず必要になると思います。

そしてそれは、SADで孤独を味わっている人にも言えることでもあるのです。

不安障害・恐怖症の改善マニュアル

恐怖症改善マニュアル

数々のカウンセリング経験を基に本を出版している心理カウンセラー・新田義治による 「恐怖症改善マニュアル」は、今までに5,922人もの方がその悩みを解決してきた実績のある マニュアルです。

薬を使わない精神科医として著名な宮島賢也先生も推薦しています。

あなたを強力にサポートする電話カウンセリング、対面カウンセリングなどの特典もあり、 完全返金保証もあるので、安心して利用できます。

興味のある方だけ、以下のリンクから詳細を確認してください。
恐怖症改善マニュアル

このページの先頭へ