薬物による治療法

SADの治療で、最も一般的なのが、薬物療法です。

SADの患者には少なくとも脳内のトラブルが認められ、その脳内物質の
コントロールに薬剤を使うのです。

今現在、SAD治療に一番多く使われている薬が、SSRISNRIという2つの
カテゴリにある薬です。

SSRIは、「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」と訳されセロトニンが受容体に
結合することを妨げる物質(シナプスという)からセロトニンを守り、正しく
受容体に結合させる薬のことです。

わかりやすく言えば、セロトニンの働きを鈍らせず、正常に保つように
働きかける薬ですね。

一方SNRIは、「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」のことで、
広くはSSRIと同じように使われます。

この2種類は、副作用が少ないということもあり、認可されてから瞬く間に
その需要が広がっていったのですが、効き方が緩いということも報告されて
いて、即効性をあまり期待できる薬剤ではないようです。

そして勿論、ほかの薬剤も使われます。

精神医療で「旧薬」と呼ばれ、SSRIなどが日本に入ってくる前から使われていた
薬剤が数多くあります。

その中には、即効性を期待できるものもあり、旧薬と新薬(SSRIなど)を
同時に処方する医者も多いようです。

薬物依存になるまで薬を使いこんでしまったら勿論いけませんが、速やかに
症状を改善させるにはとても有効な治療法だと思います。

不安障害・恐怖症の改善マニュアル

恐怖症改善マニュアル

数々のカウンセリング経験を基に本を出版している心理カウンセラー・新田義治による 「恐怖症改善マニュアル」は、今までに5,922人もの方がその悩みを解決してきた実績のある マニュアルです。

薬を使わない精神科医として著名な宮島賢也先生も推薦しています。

あなたを強力にサポートする電話カウンセリング、対面カウンセリングなどの特典もあり、 完全返金保証もあるので、安心して利用できます。

興味のある方だけ、以下のリンクから詳細を確認してください。
恐怖症改善マニュアル

このページの先頭へ