森田療法

森田療法とは、東京慈恵医大教授であった、森田正馬が考案した治療法
ことです。

この治療法は、SAD患者には大変有効とされている治療法の一つとして
知られています。

森田療法は、「あるがまま療法」とも言われていて、電車や人ごみが怖い、
などという症状に対して、具体的な策を講じるというより、その「怖い」という
感情をあるがままに受け止めることが原則です。

その治療法を例を挙げて説明すると、電車に乗ることに恐怖を覚えるSAD患者が
いるとして、その人の一番の問題は何かをまず考えます。

この場合の問題点は、「電車に乗ること」という一つの行為に対し「恐怖心
という不要な感情を常に付加させて考えることです。

お分かりの通り、電車乗車に対して、恐怖心まで考える必要はありません。

この根本的な間違いは、前述にある「精神交互作用」(「SADになる原因」参照)
によるものです。

森田療法では、こうした執着心から人間を解放し、「会社に行くために電車に
乗る
」という、生活上で最も大切なことだけに集中できるようになれるよう
施すために、恐怖心が起こっても自然に受け流せるように訓練していきます。

森田療法は入院治療が中心でしたが、今は諸々設備の関係で外来での治療が
中心となっているようです。

一方で、森田療法に特化した入院設備のある病院が全国には幾つかあり、
治療内容に興味を持ったら、最寄の病院をきちんと調べて受診するのも
良いでしょう。

不安障害・恐怖症の改善マニュアル

恐怖症改善マニュアル

数々のカウンセリング経験を基に本を出版している心理カウンセラー・新田義治による 「恐怖症改善マニュアル」は、今までに5,922人もの方がその悩みを解決してきた実績のある マニュアルです。

薬を使わない精神科医として著名な宮島賢也先生も推薦しています。

あなたを強力にサポートする電話カウンセリング、対面カウンセリングなどの特典もあり、 完全返金保証もあるので、安心して利用できます。

興味のある方だけ、以下のリンクから詳細を確認してください。
恐怖症改善マニュアル

このページの先頭へ